夕空の月を見上げて。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
21
 
お昼ご飯に猛烈にチキンラーメンが食べたくなったので、お財布持って買い出しへ。
風邪ぎみだからトッピングにネギは欠かせないぜーっと、張り切って白ネギ購入。

帰ってきて刻む刻む。トントントン。
のせるのせる。ドバドバ。

白ネギ3本分で覆われた、チキンラーメン完成~ヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノウキャウキャ
もはや麺が見えないっす!
これで風邪も治るね。
(写メ撮りわすれたのが悔やまれる)


さてさて、今日はわたくしの若かりし頃のお話。
(全然「エルダーの日記」じゃなくてすまんです・・・)

さっきまで、昔ダビングしたカセットテープの整理をしてたんですよ。
もうテープで音楽聴くこともないだろうし、かさばるから捨てようかと。
中学くらいまでは、レンタルしてきてテープにダビングしてたんですよねー。
ラベルなんかもちゃんとテプラで作ってあって。
なつかしや。

ラベルを見ては、「あ~こんなの聴いてたわァ~」と思い出に浸っていると、
何もラベルが貼られていないテープ発見。

気になったので、ハンディテープレコーダーで再生してみた。
(カセット対応のがコレ↑しかなくて;;)

そして、スピーカーから流れてきたのは・・・
変○オヤジのキモイ声&キレている中学生の私の声!!

Σ(- -ノ)ノ こっ、これは!!!

蘇る記憶・・・

あれは、私が中学2年生の冬。(タブン)
自宅でひとりゴロゴロしている時に電話が鳴ったのです。

「はい、もしもし」
「・・・こんにちは」
「どちら様ですか?」
「・・・声、可愛いね」

これは・・・!
例のアレの仲間ですね。
例のアレっていうのはもちろん、「ハァハァ・・・今日何色?」ってやつです。

当時私は14歳でしたが、変○電話がかかってきたぐらいでは動じませんでした。
キモキモの電話がかかってきたことは以前にもあり、やたら色を知りたがるオヤジに対して
「透明です」
と言い放った経験があったため、この時も冷静なもんでした。

「どちら様ですか(怒)」
「フフ・・・怒った声も可愛いね」
「・・・切ります(-_-メ)」
「いいの?切ったら君の家行くよ?」

家行くとか言ってます。
男の年齢は、声と話し方から推すに、30台前半といったところ。
私と直接の知り合いとは思えません。
そんなやつに住所がわかるはずはないと思い、強気発言。

「どうぞ」
「住所、○町○丁目でしょ」

┌|゜□゜;|┐うわぁ!!
何故!!何ゆえ私の住所を知っている!

(今思えば、電話番号から住所調べるのは難しくないですね・・・)

ビビる私。
なにせ、今家にひとりです。
そんな変○男が来ちゃったら泣きます。

そこでフト、こいつが何故ウチの番号を知っているか疑問になる私。

「どうして番号知ってるんですか」
「どうしてもだよ^^」

・・・(-_-メ;)テメ・・・

「うち、その住所じゃないですよ」(はったり)
「えー?ここでしょ。じゅんちゃん♪

じゅ、じゅんちゃん~~~~!?

私の名前はじゅんではない。
ただ、私の名前の漢字はじゅんと読む
つまり、この男は漢字で書かれた私の名前を見たわけだ・・・

「じゅんちゃんでしょ?」
「う・・・うん」(動揺のあまり肯定)

どこから情報が伝わったのか考えるも、思い当たりすぎて特定できない

「電話切ったら家行って襲うからね」
「・・・・・」(ぴーーーんち!)

私がおとなしくなった為、調子に乗り出す男。

「じゃあ、今からイイコトしようか」
    注:変○オヤジが言う「イイコト」はたいてい、
      一般的に言う「ワルイコト」である。

「・・・・・」(このピンチを脱するにはどうすれば・・・)
「パンツに手入れてみて」
「いやだ」(即拒否)
「あれれ?いいの?家行くよ?」
「・・・・っ(くそぉぉぉ!!怒)

なんとか形勢を逆転する方法はないものか必死で考え、あることをひらめく。
そこで私が手にしたのは、テープレコーダー!!
録音の準備をしている間も、男に勘付かれないために会話は続行しつつ、
電話をスピーカーモードに変更。
そして、録音ボタンは押されたのです!!

今日見つけたラベルの無いテープはこの時のものだったんですねぇぇ。

再生してみると、中途半端なところから始まる変○男との会話。

「42、43、44、45・・・」

男がなぜ数を数えているかと言うと、パンツに手を入れろという要求を
拒否し続ける私に対し、
「60秒以内にやらなかったら家に行く」
と、のたもうたからです。(真性ですね)

「58、59、60!はい1分たったよ。やった?」
「やってません」
「あーあ。じゃあ家行かないと♪」

男のキモ発言をキッチリ録音し続けるテープを横目に、もっと決定的なことを
言うように誘導する私。

「家来てどうする気?」
「襲うよ」
「襲うってなに?」(そういうの全然知りません。録音なんてしてません。(* ̄m ̄)プ)
「無理やりやるってこと」
「やるって何を?」
「またまた、わかってるでしょ」
(む。ちょっとブリすぎたか・・・)
「襲ったって逃げるもん」
「逃げられないよ。俺の方が強いんだから。襲われるのが嫌なら今やれよ」
「だから、嫌だってば」
「ほら、早く!」
「い や だ!」
「あーそう。じゃあ今から家行くから」

しつこすぎる男に、ついに私ブチキレ。

「来れば。私は警察行くから」
「警察」という単語に反応する男。

「警察・・・?」
(うしし、ビビってるビビってる)
「そう警察。悪戯電話は犯罪だって知っててやってるんでしょ」
「え・・・・」
「今までの会話全部録音させてもらったから。」
「えっ。ちょ・・」
(馬鹿め。せいぜい泣くがよい)
「通話記録で犯人すぐわかると思うし。じゃあ、行って来るね!」

ガチャ。
ゴニョゴニョ言う男を無視し、一方的に電話を切る。
ああ~~~勝利感(´▽`)

切った後、即効電話かかってきました(笑)

「ごめんね。ちょっと言いすぎたね」
「そうだね」(怖い肯定)
「警察行くの・・・?」
「今行く準備してるの。もう出かけるから切るよ」
「あああ、ごめんねごめんね」
「・・・・・」
「俺が悪かったよ」
「反省してるの!?」
「してます・・・」
「もうかけて来ない?」
「うん。もうかけないから」
「じゃあ、今回は許すけど、またやったら知らないから」
「うん。わかった。それじゃあ・・・さようなら」
「さようなら!」

以上!

中学生の私バンザイヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ
こんなテープとっておいてもキモいだけなので、もう捨てます( ̄ー ̄)ノ" ゜ポイ
この男、これに懲りてイタ電やめたかな。

人を更正させるって素晴らしいわね!゚.+:。ヽ(・∀・)ノ゚.+:。
スポンサーサイト

Comment

2005.10.21 Fri 21:49  |  

ゆう・・・TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!

>男「ごめんね。ちょっと言いすぎたね」
>私「そうだね」(怖い肯定)
爆笑したwww

2005.10.22 Sat 21:09  |  

強いのかな・・・( ̄‥ ̄a;)

「面と向かってなくて、明らかに自分が正しい場合」のみ強いかもしれないw
私が正しくても、目の前でキレられたら逃げる!≡≡≡ヘ(*--)ノ
  • #-
  • 夕月
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://lunedurouge.blog13.fc2.com/tb.php/17-2932dbca

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

◆ calendar

◆ profile

夕月

  • Author:夕月
  • 夕月
    Job:エヴァスセイント
    Lv:77+
    Sub:ウォーロック
    Lv:72+


  • 夕紅

  • Job:ソウルテイカー
    Lv:76+
    Sub:ビショップ
    Lv:58+


  • いちごみかん

  • Job:プロフィット
    Lv:72+


  • いちごももか

  • Job:ウォースミス
    Lv:62+


  • 夕顔

  • Job:シリエンエルダー
    Lv:62+


  • 夕波

  • Job:スペルシンガー
    Lv:61+


  • World:LineageⅡ

  • Server:ゴースティン

  • Ally:ミケネコ同盟

  • Clan:BelleEpoque

  • Union:Hunters Union 狩り連合




  • ― Last Update 2009.06.14 ―


◆ ally bbs


◆ recent comment

◆ recent entries

◆ links

◆ categories

◆ archives

◆ LineageⅡ info




Lineage II(R) and Lineage II(R) the Chaotic Throne are trademarks of NCsoft Corporation. 2003(c) Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage II the Chaotic Throne in Japan. All Rights Reserved.

◆ search in blog

◆ RSS feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。